個人でできる出版方法

近年の出版事情について



自費出版のサービスは個人でも使えるようになりました。
オリジナルの創作物であれば、基本的に何でも大丈夫、世の中に広く伝えたい物があれば、一度自費出版を考えてみましょう。
作家や漫画家など、創作家という職業に憧れていた年配の方々にこそおすすめです。
個人でもコストを支払う事で、プロとして作品を発表する事が出来ます。小説やライトノベルやポエム、随筆やエッセイやブログなど、ジャンルは色々で大丈夫となっています。

個人でも自費出版が出来る時代!

個人でも自費出版が出来る時代! 個人でも自費出版が普通に出来る世の中になりました。
以前から自費出版という文化はありましたが、アマチュアの方向けのサービスではなく、プロに限りなく近いセミプロの方、あるいはプロの作家などがプライベートで利用するサービスでした。
今では本当にごく平凡な一般市民でも、必要なコストを支払えば自費出版が出来ます。分野も何でもOKです。
世の中に広くPRしたい、オリジナルの創作物であれば、自費出版の対象となります。
小説やライトノベル、自叙伝やポエム集、日々の出来事を書き留めた随筆やブログ、そして漫画やイラスト集など、どういったスタイルでもOKです。
作家デビューするチャンスであり、昔から創作家に憧れていた年配の方々にオススメです。

自費出版をした人がよく思う感想とは

自費出版をした人がよく思う感想とは 今回は、自費出版を行った方が、よくお思いになる感想について、ご紹介していきます。
自費出版を行おうと考えられる方の多くが、ご自身の人生を振り返っての自分史や、自分を支えてくださった方々への想いを、書籍をはじめとするメディアへ残そうとされております。
そうして、自費出版を行った方は、多くの場合、その周囲の方々、あるいは出版をサポートしてくださった方々に対する感謝が深まっているように感じます。
さらに、作成した本を読んでくださった方からの感想を受け、さらなる続編を出版しようとされる方もいらっしゃいます。
自費出版は、出版社からの販売、すなわち商業出版とは異なり、費用がかかるものなので、敬遠してしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、この出版により、さらに今後の目標が見つかり、生きる希望となっている方さえいらっしゃいます。
自分の想いを後世に残すとともに、改めて振り返ってみることで、今までは目に留まることもなかった何かが見つかることもあるかもしれません。
一度、ご自身の人生を顧みて、何か感じるものがあり、それを後世にも残していきたいとお考えの方は、ぜひ上記記事をご参考の上、出版についてご検討してみてはいかがでしょうか。

出版関連の情報リンク

自費出版・個人出版から書店流通出版まで行う出版会社のサイト

自費出版サービス

新着情報

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「個人 出版」
に関連するツイート
Twitter

...に、発売前の書籍ゲラや見本本を電子書籍の形態で無料配布する。出版社によって承認された利用者は、仕入や予約のほか、記事やレビューを書く材料にできる」。 ——個人的に、過去から思い描いてきたことに近く、とても興味深い。自分は書籍をある種の緩やかなコミュニティ、コミュニケーションのハブとなるものと思っており、その機能...

Facebook 藤村 厚夫 - 6分前

RT @hiroina_7916ltd: @piaf7688 出版社が出してるのはありませんが、「かるた展望」という全日本かるた協会の機関誌が、年2回?出ています。最低でも個人協賛会員(年3000円)払えば頂けるものですけど、バックナンバーの在庫は都内のかるた店頭で購入すること…

Twitter henu_shinagawa にしき へび子 - 41分前

リツイート 返信

...づけがない。だが、視覚障害者が他の有権者と等しい情報に触れられるように、各団体が協力して作る。  複数の媒体を作製するのは、見え方の違いなど視覚障害者の個人差が大きいからだ。点字を使わない人には音声、ルーペなどの補助器具で読める人には拡大文字が使いやすいといった事情がある。  点字版と音声版は全国の選管がほとんど...

Facebook 石川 照茂 - 4:04

注意:(過去に)個人の趣味の二次創作作品も置いてあります。二次創作は原作者様・出版社様・その他の方々とはなんら関係がありません。お話やネタやその他はフィクションであり現実とは無関係です。

Twitter moon_toy レイン@お題 - 3:01

リツイート 返信

『歴史の研究』じゃない、『日本史の研究』だ。 ただ、黒大数にしても東京出版のものにしても、あちらは大学受験を念頭に置いて問題演習がメインになるのに対し、『日本史の研究』はそうではないはずなので、『大学への数学』の歴史版というわけではないと個人的には思う。

個人的現実の本質 セス・ブック(ジェーン・ロバーツ) この本には裏話があって、2011年の1月に発売されるまでに何度、出版社であるナチュラルスピリットに電話やメールをした事か。その間に知人は他界。翻訳から出版までの歳月は4年以上あるいは5年か、もっと長いかもしれない。翻訳に感謝

Twitter SuperAngelsJPN 比例は自民党!東京10区は鈴木隼人を! - 2:23

リツイート 返信

例文については、そんな個人出版の14,000語にいちいち例文付けてられるかっていう時間的制約に加えて、仮にやったとしたら、相当の価格設定にしないと精神的にペイしなくなり。そしてそんな価格では誰も買わない。

Twitter narishika なりしか - 1:54

リツイート 返信

この記事は悪手だなぁ。 いつもみたいに、個人を叩くと思ってるようだが、背後の重い所がわかってない。 これ国内法で閉じればエエけど、外国に拡散したら出版社潰れるで。 手仕舞は早めをお奨めする。 twitter.com/bunshunho2386/…

Twitter g_banbanx4 になたあに - 1:08

リツイート 返信

RT @greeeeneyescat: 二次創作の同人誌って、公式が一切関わっていない特殊な場所で、一部の特殊な人相手に趣味の範囲内で頒布しているものなのに、非公式商業アンソロや個人傑作集として、出版社を介して一般書店に並んだら、趣味の範囲を逸脱してる、って言われても仕方ないと…

いまこの世の中で物語を語り続けるための手段として、もっとずっと見ていたいというのもある。出版業界は崩壊しかけてるし個人の手による創作は常に作者の変調のリスクがある。アンライトの語りの安定感は結構珍しい部類だと思っている。